バイオリスニング喜びの声

Click Here!
日本人が英語を聞き取れない理由が分かります!!

このページでは、私のバイオ・リスニングClick Here!(英語伝さんで今ならもれなく、バイオリスニングをラクラク有効活用できるCDを3枚プレゼント))<体験記を紹介するのがメインではありますが、私の舌足らずな体験記では不十分なところもあると思います。販売元の英語伝さんのご好意により、他のユーザーの皆様の声も一部ご紹介させていただきます。

管理試験に合格できました!

    最初は英会話学校に通っていましたが、時間の都合でなかなか行けず、どうしようかと悩んでいました。友人に薦められたバイオリスニングで、英会話学校の教材テープを一日1時間は聞き、発声。最大の難関であったTOEICは700点以上の好成績を取ることができました!
    T.Kさん(PC関連社員・31歳)

次はTOEIC600点を目指します

    高校時代は英語科にいたのに、英会話はレベルDで苦手でした。でもバイオリスニングのおかげで最初の10日間は根気がいりましたが、ヒアリングが変わってくるのが自分でも分かるので、使っているうちにどんどん英語が楽しくなってきました。
    G.Yさん(短大生・20歳)

英語の平均点が35点もアップ!

    数学は得意なのですが、暗記科目は根気と集中力がダメで、総合点でがっかり。海外留学がしたくて買ってもらったバイオリスニングで、ためしに教科書の朗読を始めてみました。期末試験では英語はもちろん、社会、国語などの暗記科目の点数もアップしました。
    H.Mさん(高校生・16歳)

学校の勉強をムダにしないシステムが嬉しい

    コンピュータ関連の仕事でしばしば海外に出かけ、ある程度の英語の解読は出来ましたが、会話がまるでダメ。特にヒアリングでは、頭が混乱した状態になりました。バイオリスニングを通して英語ニュースを聞いた時は、英語のスペルが頭に飛び込んできて"これなら分かる!"と感じた瞬間でした。
    M.Kさん(デジタルエンジニア・38歳)

学校の勉苦手な発音を克服できました

    仕事の必要性から60歳で英語を始めたのですが、どうしてもDを「デー」と、Tを「テー」と発音してしまいます。どうにかしたいと思い立ち、友人の勧めでバイオリスニングで練習しました。必死で聞き取り、マイクで録音、自分の耳で確認する日々が続きました。2週間ぐらいたった頃からなんと「ティー」と発音できるようになったのです。もう自分には無理だと思っていただけに、うれしくてたまりません。おかげで衰えていた耳までよくなってきて、生きる張り合いまで生まれました。右脳の活性化は老化防止にもよいそうなので、今は妻と交代で使っています。バイオリスニングを使って本当に良かったと思っています。
    O.Sさん(会社員・60歳)

音感の世界がグンと広がりました

    私は仕事柄「音」にうるさいほうなのです。バイオ・リスニングClick Here!で耳を鍛えると、ダンボの耳になったような気分で快感です。新しい音の世界が広がり、今まで低音部にばかりこだわってきていた自分に疑問を感じました。同じクラッシクでも、きっと西欧人はこんな風に聞いてるのかもしれないと思いました。バッハもモーツアルトも聞こえ方が違うと新しい発見の連続です。
    W.Oさん(音響技術者・53歳)

シルバー旅行でトラベル英会話にチャレンジ

    主人の定年退職を機に"海外旅行を楽しもう"と英会話スクールに通い始めましたが、若い人も多いし、恥ずかしさが先立って、なかなか上達しませんでした。それがバイオリスニングで二人とも1ヶ月で簡単な英会話なら話せるようになり、念願のアメリカ西海岸旅行を夫婦で楽しんできました。
    S.Aさん(主婦・59歳)
Click Here!

バイオリスニングの詳細と購入はこちらClick Here!(英語伝さんで、今ならもれなく、バイオリスニングをラクラク有効活用できるCDを3枚プレゼント)


0.バイオリスニングの基本的な原理・使い方    1.DVD(ノートパソコン内臓)
2.ヒアリングマラソンなど一般の英語教材    3. ラジオ英会話・ニュース
4.テレビ・ビデオ    5.インターネット    6.音楽(music)
7.皆さんが抱くであろう疑問    8.私がバイオリスニングを薦める10の理由
9.(Appendix)モバイル活用法