バイオリスニングの言語リズム習得機能

--ネイティブと同じ右脳をつくる!--

(販売元の英語伝さんのパンフレットより許可を得て引用。)

西欧人は左脳で子音をとらえ、右脳で母音と組み合わせて英語を認識しています。一方、日本人は左脳で母音を追いかけて理解する傾向にあります。英語を日本語と同じ母音発生のリズム・イントネーションでとらえてしまうことが英語学習の大きな妨げとなっています。それを解決するのが、このバイオ・リスニングClick Here!の「言語リズム習得機能」です。

マイクを使用してご自分の母音を入力。「母音アルゴリズムセンサー」が働き右脳を活性化、ネイティブと同じ脳の回路を作り上げます。自然に右脳が母音認識できるようになり、母音を耳にしたときに右脳でつかまえるトレーニングをします。このようにして、英語のリズムのままとらえることができるようになり、英語に対応できる脳になります。

右脳が開発されると、眠っていた様々な能力を生かすことができます。例えば、想像力が高まる、カンが鋭くなる、記憶力がアップしたりします。

Click Here!

バイオリスニングの詳細と購入はこちら Click Here!

バイオリスニングには、この「言語リズム習得機能(右脳母音認識機能)」の他にも、「フォーカスバンド機能」をはじめとして、「脳活性化機能(ABA機能)」や「右耳強化機能」の合計4つの機能があります。


0.バイオリスニングの基本的な原理・使い方    1.DVD(ノートパソコン内臓)
2.ヒアリングマラソンなど一般の英語教材    3. ラジオ英会話・ニュース
4.テレビ・ビデオ    5.インターネット    6.音楽(music)
7.皆さんが抱くであろう疑問    8.私がバイオリスニングを薦める7つの理由
9.(Appendix)モバイル活用法