インターネットで英語リスニングの勉強(バイオリスニング体験談)

Click Here!
日本人が英語を聞き取れない理由が分かります!!

実はインターネットには無尽蔵とも言うべき、英語の音声ファイル・ビデオファイルが存在することをご存知だろうか? 英語を話す人は実に多い。映画の予告編(trailer)もあれば、新製品のプロモーションビデオだったり、有名俳優へのインタビューだったり。ニュースサイトもありますし、キリスト教の説教や、ESL専門サイトもあります。ただ、これらのファイルを効率的に探すのは、結構骨が折れますね。そういう時は是非、私自身が管理運営するサイトで恐縮ですが、「リスニング・イングリッシュ」を使ってみてください。

リスニング・イングリッシュ」では、海外サイトを中心として、英語の音声ファイル・ビデオファイルがダウンロード可能なサイトをディレクトリー形式で紹介しています。現在、150ぐらいのサイトを紹介しています。

これであれば、RealPlayerやWindows Media PlayerがあればOK。ADSLなどの常時接続であれば、まさしく無料(=追加費用無し)で楽しむことができます。こんなに良い話はありません。もちろん、バイオリスニングをここでも活用できます。

パソコンとバイオ・リスニングClick Here!を付属の外部接続コード(オーディオコード)でつなげ、あとは、バイオリスニングに接続した専用のヘッドホーンで聞くだけで、バイオリスニングによってフィルター処理された音声が耳に入ってきます。

早速、いくつかの海外サイトで試してみました。バイオリスニング効果は確かにあるようです。仕事をしながらバックミュージックのように聴いているだけでは効果があるとは言えないと思いますが、仕事の手を休め、音声ファイル・ビデオファイルに全神経を集中して聴くと確かに効果があるように思いました。英語の子音が強調されて聞こえてくる結果、よりクリアに聞こえました。

どれぐらいはっきりと聞こえるようになるかを、私の拙い表現力で説明するのは非常に難しいのですが、私以外の他のユーザーさんたちの声を読んでいただくと、もっと分かりやすいかもしれません。販売元の英語伝さんのところに届いた喜びの声の一部をこちらに掲載させていただきましたので、ご参照ください。

また、英語伝さんのご好意でサンプル音声をお借りすることができましたので、バイオリスニングを通した場合と、そうでない場合との聞こえ方の差を聞き比べてみてください。

通常の音声(約22.9KB)
バイオリスニングを通して聞いた音声(約22.9KB)

今の段階では、何と言っているかは完全には聞き取れなかったにせよ、下の「バイオ・リスニングClick Here!を通して聞いた音声」の方が「より強調されている」と感じることは十分にできるはずです。ちなみに、このサンプルでは、「I didn't really do anything because it snowed buckets the whole time.」と発音されています。

インターネットを利用して海外サイトの音声ファイル・ビデオファイル(これらのファイルは、『リスニング・イングリッシュ』で探してください。)を利用した勉強方法は我ながら、良いアイデアだと思います。皆さんも是非、やってみてください。

次のページでは、音楽を教材としたバイオリスニング活用術をリポートします。

⇒ バイオリスニングの詳細と購入はこちらClick Here! です。


0.バイオリスニングの基本的な原理・使い方    1.DVD(ノートパソコン内臓)
2.ヒアリングマラソンなど一般の英語教材    3. ラジオ英会話・ニュース    4.テレビ・ビデオ
5.インターネット    6.音楽(music)    7.皆さんが抱くであろう疑問
8.私がバイオリスニングを薦める7つの理由    9.(Appendix)モバイル活用法