バイオリスニングのフォーカスバンド機能

--英語耳を作ります--

(販売元の英語伝さんのパンフレットより許可を得て引用。)

英語と日本語とはその構造に大きな差があります。日本語は母音が多い低周波音域、英語は子音が多い高周波音が中心です。これは数値に直せば、日本語が500〜1500ヘルツの周波数をもつことに比べ、英語が1500〜5000ヘルツと非常に高い周波数をもっています。

日本人の耳は、幼児期から高周波音域を聴き取ることに慣れていません。だから、英文は読めても英会話が苦手な日本人が多いのです。

このバイオ・リスニング Click Here!の『フォーカスバンド機能』は、英語の1500〜5000ヘルツの周波数を強調するので、短期間で高い周波数音域を聞き分ける「英語耳」をつくることができます。

周波数帯の強調の程度は3段階で調節でき、聴き取りスキルに合わせた訓練が可能になっています。

このようにして、日本人が聴き取るのが苦手な英語特有の高い周波数(子音)を正確にとらえる「耳」にラクラク特訓します。

Click Here!

バイオリスニングの詳細と購入はこちら Click Here!

バイオリスニングには、この「フォーカスバンド機能」の他にも、「言語リズム習得機能(右脳母音認識機能)」や「脳活性化機能(ABA機能)」、「右耳強化機能」の合計4つの機能があります。


0.バイオリスニングの基本的な原理・使い方    1.DVD(ノートパソコン内臓)
2.ヒアリングマラソンなど一般の英語教材    3. ラジオ英会話・ニュース
4.テレビ・ビデオ    5.インターネット    6.音楽(music)
7.皆さんが抱くであろう疑問    8.私がバイオリスニングを薦める7つの理由
9.(Appendix)モバイル活用法